2014年10月 2日 (木)

参考資料

Img_0563_3 私の学生時代の教科書です。

現在でもギター、ベースの配線図は、
回路改造依頼をいただきアイデアに困った際に参考にしている、
とっても便利な一冊です。

こういった資料となるものはとてもありがたいですね。

西山

 

2014年10月 1日 (水)

WSRより”もっと”愛を込めて #58「掘るという作業④

今年も早いもので、もう10月ですね・・・。
年が明けてから、春を待っているとあっという間に夏が来て、
秋の夜長などといっているともう年が暮れていきそうな一年です・・・。

さて、今月は掘るという作業の4回目、ドレメルについてです。

1

このドレメルという電動工具は大変多機能なツールで、
ビットを変えることによって、「掘る」以外にも穴あけ・研磨など
いろいろなことに使えるので大変重宝しています。

2

もちろん、メインで使うのはこんなジグを使って、ローラーナットや
フロイドローズの落とし込みの加工です。
ルーターやトリマよりも自重が軽く、小さいので大変扱いやすいです。

3

小さくても、トリマ同様にこんな感じに仕上がります。

4

また、ビットの径が3mm弱しかないのを利用して、
ハイランダーやカルロスといったPUの素子が丸いPUの
ブリッジ底面を半円状に加工するのもドレメルで行います。
(今回は分かりやすいように別の板を用意して掘ってみました)

5

ハンドドリルでは入らないアコギのサウンドホールにもすっぽり入れることが出来るので、
ビットをドリルに差し替えて、ネックブロックにネジ止めする「Keystone」の
バッテリーホルダーの下穴加工にも非常に便利です。

6

ビットの種類はいろんな種類のものがあるので、
今回紹介したこと以外にもいろいろな用途に使用しています。
まあ、使い方は無限に広がっているといったところでしょうか・・・。

2014年9月30日 (火)

0が・・・。

004
ここ数年のCTSポットの抵抗体です。
ずいぶん前の「WSRより”もっと”愛を込めて」でもご紹介しましたが、
1番端子と3番端子の付近に金属の皮膜が使われているんですよね。
これによって、シャフトを0とか10に振り切ったときの残留抵抗はなくなっているのですが、
ボリュームが0の部分が長いような気がするんですよね・・・。

写真の摺動子が滑った跡を見て頂くとよく分かりますよね。

額田

2014年9月29日 (月)

ブラシ

005

ブリッジに溜まってしまった埃やごみをかき出す為のブラシです。

お預かりしている楽器のブリッジ部の多くは結構汚れているんですよね・・・。
これを放置しておくと、錆びや劣化の原因となるので、
可能な限り除去してあげています。

このブラシは毛が比較的硬いので、大変扱いやすく重宝しています。

額田

2014年9月26日 (金)

スイッチポット

1
こちらはスイッチポットという物で、
その名の通りポットにスイッチの機構を付加したものです。

PUのタップ配線や回路の切替等を行いたい際に、
殆どの楽器にはボリュームやトーン回路としてポットが
用いられていますので、それらと交換することで、
新しくスイッチ用の穴を開けたりせずに気軽に回路変更が出来ます。

2
スイッチポットではシャフト部が切替スイッチの機構に
なっている等の理由により、適度に遊びを設けている為
通常のポットと比べると少し回し心地が軽めになっています。

ボリューム奏法等で頻繁に操作したり
回し心地が慣れているトルク感が欲しい場合は
普段なるべく動かさないポットに
割り当てるのが良いかと思います。

素早い切り替えが可能な位置且つ、
トルク感も重視したいという場合は
本体に加工が必要にはなりますが、
ミニSW等を希望の位置に増設したほうが
希望の操作性が得られる事が多いかと思います。


大久保

2014年9月25日 (木)

ダイナミックビブラートが・・・

以前、こちらでご紹介したビグスビートレモロユニットの固定に引き続き、
今回はマスタングのダイナミックビブラートの固定依頼をいただきました。

Img_0518使用パーツはこちらを使います。
一度ユニットを本体から外しベースプレートとテールピース部のみを残し、
代替のビスと滑り止めのキクワッシャーで固定してしまいます。

プレートとテールピースの間はアルミの円柱棒を加工して製作しました。
弦を下から潜らせるための隙間が必要になるのですが、
ちょうど良いワッシャーって探してみると無いもんなんですよね。

単に円柱状のものを取り付けても面白くないので、
テールピースのアールに合わせて削りだしてみました。

仕上がりはこちら↓

004 なかなかカッコイイ感じに仕上がりました。

西山

2014年9月24日 (水)

Micro Chisels

002

こちらはMicro Chiselsというナット溝を整形するためのノミです。

太さの違う4種類のノミで、それぞれのナット幅に対応しています。

もう使い始めて、10数年経ちますが大変重宝しています。

額田

2014年9月23日 (火)

下敷き

002

これはフレットをハンマリングして打ちかえる時の下敷きです。

机や板などの上で打つと、どうしても跳ね返りが出てしまうので、
こちらはステンレス製で、重さは10kg以上あります。

最近はプレスすることが多くなったので、
あまり使っていないのですが・・・。

額田

Copyright©1999-2011 IKEBE GAKKI Co.,Ltd. All Rights Reserved.