2014年10月31日 (金)

ブラストレモロブロック

1

2


修理としてお預かりした物ではありませんが、
私が個人的に輸入購入した真鍮製(鋳造)の
シンクロブリッジ用イナーシャブロックです。

サウンドとしては真鍮らしいミッドのエッジ感や
粒立ちがゴリンと出て気持ち良いです。

今回取り付けた自分の楽器に関しては、
元の状態がややハイファイ過ぎて耳に痛く
感じている所があったのですが、
出音のピークが元のサウンドのバランスを崩さずに
下にズレる感じでハイミッドあたりが最も美味しく
出てくれる様になったように感じましたので、
似たような不満を感じている方にはお勧めです。
良い意味での濁りや雑味も感じられます。

ステンレスの物から交換しましたので
重量はやや軽くなりましたが、
意外とサスティーンにそこまでの
変化は感じられませんでした。
しかし、音の減衰の仕方はステンレスの方が
耳に慣れてるというのもあると思いますが
やや自然な様に感じました。

ちなみに、作りや精度に関しては
良くも悪くも海外製という感じでしたので、
取り付け前の面出し等はした方が良いですね(笑)

今後も流通が多くないパーツも色々試していきたいですね。

大久保

2014年10月30日 (木)

テールピース用

Img_0645 今回は工具のご紹介です。

こちらはテールピースの高さ調整をする際に使用している、
マイナスドライバーです。
テールピースのマイナス部分は幅が広く通常のマイナスドライバーではサイズが合わず、
なめてしまっているのを見かけます。
しかしこちらですとテールピースの溝にサイズがぴったり合うんですね。
(一部、幅が狭くドライバーが入らない場合も御座いますので、ご了承下さい。)
とても重宝しています。

正確には水栓ドライバーとして販売されており、
工具を販売しているお店によってはドライバーなどのコーナーではなく、
水周りのメンテナンスコーナーに置いてる場合もあり、
あまりなじみの無いものかも知れませんね。

西山

2014年10月29日 (水)

リアル

007

前にもご紹介したhttp://ikebe.weblogs.jp/wsr/2014/02/mjt.html
MJTというブランドのボディーです。http://mjtagedfinishes.com/

かなりハードな感じのレリック加工になっています。

こちらのほうもなかなかリアルな仕上がりですね!!

額田

2014年10月28日 (火)

Music Man StingRay SH w/OPB-1

Stingray

Music Man StingRay SH w/OPB-1 製作時期2004

前にもご紹介したMusic Man StingRay SHを7年ぶりにモディファイしたもので、
http://ikebe.weblogs.jp/wsr/2013/04/music-man-sting-76a8.html
当時、出回り始めたアギュラーのプリアンプを内蔵したもので、
18V仕様になっています。

 フロントにDuncan"SJB-3"、プリアンプにAguilar"OPB-1"をマウント。
リアはタップが出来るようになっています。
リアハムバッカーはブリッジ側のコイルとネック側のコイルを入れ替えてあり、
ブリッジ側コイルとフロントPUのミックスによってリバース(逆巻き、逆着磁)の関係になるので、
擬似JBトーンを出せるようになっています。

Stingray_2

Stingray_3

額田

2014年10月27日 (月)

懐かしい!!

Wsr3

パソコンの中にある画像を整理していたら、
WSRがまだ池袋にあった頃の写真が出てきました・・・。
2000年から2005年までは池袋に工房があったんですよ。

この看板は現在も使用していて、
店の入り口の壁に掛かっているんですよ・・・。

懐かしいですね~。

額田

2014年10月24日 (金)

TUSQイントネーションサドル

1

TUSQ材でのイントネーションサドル作成です。
元々の物より僅かにオクターブ位置を
微修正しつつ作成しました。

TUSQ等の樹脂系の物での作成の場合は、
楽器や他の部品の仕様等にもよりますが
磨き上げずにサラッとした質感に仕上げたほうが
マッチする物も多いですね。

大久保

2014年10月23日 (木)

MG-T

Img_0636_5 後藤ガット㈲さんから新製品のカタログが届きました。

なんとマグナムロックトラッドが、クルーソンタイプで発売が開始されたんですね。
構造を複雑にすればするほど高い技術力を必要とするのですが、
こういった商品を作れるのは「さすが」と言いたくなりますね。

構造が複雑になると重量が重くなってしまうので、
クルーソンの持ち味が無くなってしまいそうですが、
スタンダードタイプと比較すると約1.5g程度の差しかないそうです。

まだ現物を拝見していないので何ともいえませんが、
乗せ替えても比較的、音には影響が少なさそうですね。

西山

2014年10月22日 (水)

圧着中

001

ネック折れの圧着中です。

押さえつけているクランプはL字のものより、
C字のクランプの方が圧倒的に使いやすく、
ずれにくいですね・・・。

圧着後、補強をして塗装に入ります・・・。

額田

Copyright©1999-2011 IKEBE GAKKI Co.,Ltd. All Rights Reserved.