2014年11月27日 (木)

OVATION PU

Img_0735 壊れてしまったPUがあり、そのまま捨てずにせっかくなので解体してみました。
OVATIONに搭載されているPUです。

両サイドの横蓋?と上部のサドル部分を外すと中から樹脂で固められたピエゾ素子が出てきました。
よく見ると各弦独立した形を採用していますね。

Img_0736更に樹脂を取り除いてみました。

Img_0739こういった方法ですと棒状になっているピエゾに比べ各弦の音量バランスの問題が無くなり、
ある弦の音量が小さい、大きいといった問題はほぼなくなるので非常に良いですね。

西山


2014年11月26日 (水)

ボロボロ・・・。

006

ニッケルのフレットならば、
サクサク切れるフレットカッターですが、
ステンレスのフレットをカットすると、
すぐにボロボロになってしまいます・・・。

やっぱり、ステンレスは硬いですね・・・。

額田

2014年11月25日 (火)

うーむ。

001
先日もフレット溝に残っている接着剤の除去に四苦八苦しておりました・・・。

これが残っていると、上手くフレットが入ってくれないんですよね。
エボニーの指板だと、なおさらなのですが・・・。

額田

2014年11月24日 (月)

Vintageサイズでも・・・。

002

Fender STのリフレットです。

vintageサイズのフレットを打ち込んでいますが、
こんな感じで、エッジは丸く処理することが出来ます。

大きなサイズのフレットと違って、
かなり小さいので、工具の当て方や力加減が絶妙になるんですけどね・・・。

額田

2014年11月21日 (金)

バンジョーEMG組込

1

Photo

先日のコラムで取扱商品に取付改造を行った、
「EMG ACB Banjo Pickup」ですが、
早速お客様からもお手持ちの楽器への
取り付けのご依頼を頂きました。
ありがとう御座いました。

在庫状況にもよりますが、
ハートマンギターズ店頭にて先日のコラムの
FishmanEMG搭載のバンジョーを取り扱っております。
どの様なニュアンスのサウンドか体験出来ますので、
ピックアップを何を付けようかお考えの方は、
是非一度店頭に足をお運び頂き、
参考にして頂ければと思います。

大久保

2014年11月20日 (木)

テスター

Img_0721 私が普段使用しているSanwa/YX-361TR Multitesterです。

こちら一つで抵抗、電流、電圧まで計れる便利アイテムです。
修理をする上で欠かせないアイテムの一つです。

はじめは検診針タイプだったのですが、ワニ口クリップを取り付けて使用しています。
当然ですが、その方が何かと使い勝手がよく、作業的にやりやすいです。

抵抗値のメモリも×10Kがあるのも嬉しいところで、
ポットの抵抗値を計測するのにありがたい機能です。
意外とこの「×10K」のメモリが付いていないのが多いんですよね。

西山

2014年11月19日 (水)

アコギ用のPUを・・・。

002

Epiphone EJ-160EのPUを交換しました。

ストックの物ですと、エレキ弦を張らないと音量が稼げないのですが、
今回はLaurence FT-145というアコギ用のPUを分解・加工してマウントし、
PUカバー?も新しく作り直しました。

マウントにあたっては、ポールピースを長いものに交換したり、
プレーン弦とブロンズの巻き弦の音量差を考えて、
PUカバーのポールピース穴を工夫したりとなかなか大変でしたが、
すっきりとまとまっています・・・。

サウンドのほうはパッシブのマグネティックPUということを考えると、
十分な音量と音色感なのではないでしょうか・・・。

額田

2014年11月18日 (火)

発売!

Imgrc0066084416_2
10月15日のコラムにて改造を行った、

Recording King 《レコーディング・キング》
RK-R37-SN w/EMG P.U.  

価格 137,400円  (税込 148,392 円)

発売となりました!
大変お待たせいたしました。

ハートマンギターズ1Fにて試奏も可能です。
是非お試しください。

大久保

Copyright©1999-2011 IKEBE GAKKI Co.,Ltd. All Rights Reserved.